一人称についてダラダラ喋るよ

おはよう、こんにちは、こんばんは
どうもtoukaといいます
きっと飽き性な僕はすぐに辞めてしまう
これ自体も友達がやってるのを見て
文に触れたくてやってるそんな浅はかな
ブログです

さて前置きは置いといてここでは
話したいことを話すとしよう

それはズバリ一人称の話だ

一人称は色々ある
うち、わたし、ぼく、じぶん、おれ、etc.

たしかに色々ある
そしてそれぞれにはイメージがある
わかりやすいのは物語などで良く使い分けられているからそれを想像して欲しい

一般的に
私、うちからイメージするのは女性だと思う
逆に男性をイメージするのは
ぼく、おれだろう
しかし小説など特にライトノベルでは
ボクっ娘、オレっ娘など女性が使うこともある
逆に男性が私と使うと
丁寧で紳士てきな人を自分は思い浮かべる

では現実ではどうだろう
と考えた時に自分はボクっ娘やオレっ子になんの偏見もないしむしろ可愛いとおもう

しかし人の価値観はそれぞれ違い
女性が僕と言ったり俺ということに対して
気持ち悪い、はしたないと思う人もいることは確かだ

しかしこれは自分は押しつけてはいけない価値観だと思う
一人称は自分を表すことだと考えているため
やはり自由に何も気にせず自己表現するのが
一番だと考えているからだ

なぜこんな話をしているかというと今日
電車の中でボクと自称している子供に女の子らしく私と言いなさいと怒っている親を見かけたからだ

自分はそこでそれにいぎをぶつけられるほど
強くはない

だからここでぶつけたいと思ったのだ

やはり自分はもっとつよくなるべきだと感じた今日であった
Touka